Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

HCS-FC

心からのサービスをあなたへ

Blog

マザー・テレサ

Posted on February 6, 2013 at 8:08 AM Comments comments (0)
マザー・テレサ
私が好きな女性に、マーガレット・サッチャーと、もう一人マザー・テレサが居ます。
二人に共通するのは、何があろうとも、微動だにせず、使命をまっとうするという、
鉄の意志。20代前半に、感銘を受けたのを、今でも鮮明に記憶している。
特に、マザーは、私の今までの考え方を、大きく変えた。
生き方の模範でもある。道程は程遠いが、目指すべき方向だ。
彼女は、日本にもきた事があり、日本人の心の貧困に、危惧しておられた。
「この世界の最もひどい貧困は、食べ物の欠乏ではなく、愛の欠乏です。あなた
がたの国のような豊かな国の場合、持っているものに決して満足しない人たち、
我慢を知らない人たち、絶望に身をゆだねる人たち、これが富める国の人々に
とっての貧困です。心の貧困は、もっとも回復しにくく、打ち勝つのがもっとも難し
いものです。」
また、こんな事も言われた。「愛は家庭から始まります。まず家庭の中で不幸な
人を救いなさい。両者が愛し合い、母親が家庭の中心となりなさい。平和と潤い
の家庭が築けたら、隣人を愛しなさい。自分が、自分の家庭が、愛に満たされな
ければ隣人を愛せません。」
彼女は人間の欲望や本質を良く理解し、誰に対しても、本当の愛を身をもって示
しつづけた。
20代の私は、衝撃を受け、心の在り方について考える様になった。
自分に何が出来るか?何を提供出来るか?考える日々…。欲望との葛藤。
今の私の幸せは、こんな葛藤の末、たどり着いた考え方のお陰だろうか?
マザーには程遠いが、目指すべきこの道。