Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

HCS-FC

心からのサービスをあなたへ

Blog

居場所とコミュニティー

Posted on May 6, 2014 at 11:34 AM Comments comments (89)
今日は、お昼から仕事なので、午前中はゆっくり、まったりでした。
のんびりするのも、たまには良いもんですね。

明日の準備を終えて、今、PCに向かう。


今日のタイトルは、居場所とコミュニティーです。

私達の家族構成は、何十年と言う月日が経ち、大きく変化しています。
大家族から核家族へと変わりました。

これにより、私達は何を失い、何を得たのか?

この事について、少し考えて見たいと思います。

あなたも一緒に考えて見ては如何でしょうか?

かつて、私達の暮らしは、共同作業や、共同集会で成り立っていました。

農作業や寄り合い、お祭りと、地域の事をそこにいる人達全員が集まって考え
決める。

それぞれが独立した立場で、お互いが知恵を出し合い、方向性を決めて行く。

大切なキーワード 「独立した立場、知恵を出す、方向性をみんなで決める」

今現在の暮らしにあてはめて考えて見ましょう。

独立→孤立、知恵を出す→責任回避、方向性をみんなで決める→自分で判断。

地域社会においてこれ程、暮らしぶりが変化しており、繋がりが切れ、その代用
として、公、民の施設や、会社が出来る。代用として出来るのは良いのですが、
知恵を出し合い、みんなで決めると言う、主体性を失う。

他人任せの共同体になる。

これに何の意味(価値)があるのでしょうか?…有りませんよね??

私達は、それぞれが自立した、主体性のあるコミュニティーの中で、お互いがお互
いを高め合い、また助け合う、そして暮らしを豊かにして行く為に働き考える。

本当に豊かな環境と言うのは、そう言う条件が揃った所、もしくは、そう言った事に
目を向けた環境ではないかな??と思う。

私達が暮らす今の社会は、自分の事だけ考えていればやっていける??社会。

主体性が無くても何とかなる社会。(ある意味楽??)

本質的な所で、他人依存型の社会システムなのではないでしょうか?

かつての日本は、本質的な所で、それぞれが、主体性を持っていたのではないか?
と思う。

これは、大変良い事です。
それぞれの人が自分の居場所がある。

今の社会は、居場所がない、もしくは、居場所を奪い、奪われる社会。
椅子取りゲームみたいな社会。(自分の居場所の確保が何時も不安ですよね)

誰もが居場所のある状態で、切磋琢磨出来る社会は、本当に豊かだと思う。

核家族には逃げ場(非難場所)が無い(限られる)。大家族(2世代、3世代家族)
には逃げ場が有り(多い)、居場所もあった。

大家族の様なコミュニティーは豊な社会の基本ではないか??と何時も思う。

居場所の無い(失った)人の居場所作りが、これからのコミュニティー作りの基本。

本物のコミュニティーを目指す。

誰もが居場所のある、豊な社会の実現。

夢や希望を考える前に、居場所がある幸せを考えよう。

あなたや私の居場所、みんなの居場所。

温かい居場所作りましょうよ。

あなたもどうぞ。 

ありがとう。