Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

HCS-FC

心からのサービスをあなたへ

Blog

リバティー

Posted on July 4, 2014 at 3:30 AM Comments comments (0)
今日は曇り空

雲の隙間から日差しが覗いています。

日差しが天からの恵みなのだと感じる情景です。


今日のタイトルは「リバティー」です。

あなたは、リバティーと聞いて何を思い描くでしょうか?

自由、精心の解放。様々なイメージを持っていると思う。

私の場合は、リバティーとは、義務の代償と考える。(義務=責任)
義務(責任)そのものとも言える。

これは、ただ思うだけではなく、心の底からそう思う事なんです。

過去に考えに考え、実践し、得た、私の結論です。

決して、机上の空論、精神論ではありません。

リバティーとは自由ですけれども、追い求めるものでは無いと言う事。
追い求めたから得られるものでは無いと言う事を肝に銘じて頂きたい。

ここを押さえなければ、何時まで経っても自由とは程遠い人生が待つ。

私が結論に達した事を、自身の心に浸して見て欲しい。

何を感じるだろうか?

何に違和感を覚えるだろうか?何に希望を感じるだろうか?

あなたの心に聴いてみて欲しい。

自由を求めるあまり、自由に縛られてはいないだろうか?

自由とは、結果でありコントロールの対象ではない。

対象は、義務(責任)であり、引き受ける事で自由は大きくなる。

ここで言う義務や責任は、自身の中から作られるものである。

決して、他人から押し付けられたものでは一切無い。

自身の意思に反して、押し付けられた義務(責任)は、自由の原因には
ならない。

自らの意思で引き受けたものが、自由の原因になる。

私達の社会は、自ら進んで義務(責任)を背負う者が、自由と言う権利を
獲得する為の、切符を得る。

あくまでも、「切符。」

権利の為の切符だ。

得られない場合もあるが、そんなものはどうでも良い。

私達は知っている。

権利を主張し、欲しがっているだけだは、自由にはなれない事を。

本当の自由へ。今、羽ばたこう。

大切な自分自身の為にも。

大切なあなたへ。

何時も、ありがとう。