Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

HCS-FC

心からのサービスをあなたへ

Blog

教育と共育と協育

Posted on July 10, 2014 at 9:30 AM Comments comments (0)
今日は、台風の合間を縫って、仕事に行きました。

雨に合わずに無事帰って来た。

素敵な一日でしたよ。

今日のタイトルは「教育と共育と協育」です。

三つの言葉は、聞いた事があるかと思いますが、掘り下げて見たい。

私は、教育は人生の質そのものだと、つくづく思っている。

どんな教育を受けて来たかで、その人の人格や、思想まで決まる。

また、善悪の基準も、教育に因って異なる事が多々ある。

当たり前だが、価値観そのものを作り上げるのも、教育だ。

そんな大切な、大切な事を、他人任せにしては絶対にいけない。

大切だからこそ、自身でより良いものを見つけてゆく。(子供に対しては親が)

私の教育の最初の基準は、真理を突いた、普遍的なものを、主にベースにする。

普遍的真理は、全世界共通の概念であり、みんなが共通の思想でもある事。

宇宙の真理とでも言い換える事も出来るかな??

ただ、それが常識とは限らない所が面白い。(この事はまた今度書く)

私達が生きる上で必要な知識や、考え方のベースは普遍的真理である。

道徳等は、これに順ずる素晴らしい教育課題だと思う。

そして、その教育は、共に育つ、共育、すなわち、シェアされるべきものだと思う。

良いものは必ずシェアする事が、教育を更に一歩前へ進める。

また、シェアから、更に協育へと進める。

協育とは、教育を共育(シェア)し、その活動そのものを、更に協力して作る活動。

教育とは、教えを育む事。共育とは、それらを共(一緒)に育む事。そして協育とは、
みんなで力を合わせて、協力して育む事。

当たり前の事なのですが、協力して育む事をしないが為に、共通認識が曖昧になり、
自分ばかりのご都合主義的考えが横行したり、偏りが起きたり、考えが狭くなったり。

当然、トラブルや、争いが起きたり、はたまた、それがこじれて、戦争になったり。

教育とは、幸せやより良い人生を生きるための指針であり、思想です。

道徳は、少なくともそう言うものです。

なのに、奪う事を説いたり、自身の都合ばかりを押し付けたり。

これでは、教育が共育では無くなり、協育出来ません。

無協育です。

共通の認識を出来るだけ多くの人にシェアし、協力出来る教育を早く作り上げる事は、
人類の共通の課題ではないのか???

これらを、共に考える事こそ本当の教育の始まりではないか??

私は、突き詰めれば自身が破滅する様な、真理の無い教育には、何も価値を感じない。

本当の教育を育てたい。

あなたの思う、本当の教育、共育、協育とは何ですか???

教えて欲しいと思う。

そして、何の為に生きているんですか??

教えて欲しい。

大切な自分を大切にする為に。