Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

HCS-FC

心からのサービスをあなたへ

Blog

心の炎症

Posted on April 25, 2015 at 10:22 AM Comments comments (0)
今日は、午前中、バタバタと事務作業、午後からチラシ配りを兼ねたウォーキング、そして
公園での軽い柔軟体操と武術の型を少し。

それから、出かけていた妻と、夕方合流して、前から気になっていたお店で食事。

久しぶりに、事務仕事、チラシ撒き、運動、食事を一日で出来ました。

暖かくなるにつれ、体がよく動く様になる。

良い季節です。

夏に向けて、体力作りと、冬に向けての、仕事作りをして行きたい。

今日のタイトルは、「心の炎症」です。

心については、何度も触れていますが、直接的な事を今日は綴りたいと思う。

毎日私達は、様々な出来事や、情報に出合い、そして、無条件に心に触れさせる。

私は、新聞、テレビ、ラジオは基本的に見ない。

見たとしても、スーっと流し読み。

何時もメディアにあまり触れない私が、たまに触れると、心に有毒なニュースばかりが、次
から次へと流れ込んでくる。

私は普段メディアに触れないからこそ、この情報の有毒さがわかる。

人々が、見ると、不安、恐れ、憎しみ、怒り、を覚える情報の嵐だ。

何故これ程までに、ネガティブな感情を煽りたてるのか? 疑問を感じてしまう。

人は、他人の不幸やアクシデントを好むと言われているが、事実は、自分が、そう言う
事になったら嫌だ、絶対なりたくない、不幸には!! と言う気持ちがそうさせているのでは
ないかと、推測する。

しかしながら、見るものの対象を、不幸に置いたり、病気、死、不安、恐れ、憎しみ、怒りに
置く事は、かえって、それらを増幅したり、引き寄せてしまったり、その感情に因り、自身の
判断を間違わせてしまったり、無条件に不安を解決してあげるよ!!と言う人を信じてしまっ
たり、人生のコントロールを失ったりしてしまいます。

私達は、毒を毒として認識出来ずに、そして、心のコントロールをせず、放置していたりと、
心にダメージを与え続けています。

それらを放置している内に、心が炎症をおこしてしまいます。

筋肉や内臓と同じ様に、心に炎症が起こると、病気になってしまいます。

気が付かず、毒の情報により、心は炎症を起こし、次第に心を蝕んでゆ行く。

そして、体にも、物理的なダメージが蓄積されて行く。

それでは、どの様にして、心と体を守れば良いのか??

ここが大切ですね。

一番は、毒の情報(不安、怒り、憎しみ、恐れ等の感情が煽られるもの)を避ける事です。

そして、完全に情報をシャットアウトする事は無理なので、意味付けや解釈に注意する事も
忘れてはいけません。

そしてまた、ネガティブな感情を増幅する様な事は、避けなければなりません。

もう一つ大切な事は、体が緊張してきたり、フラストレーションが溜るので、体を動かしたり
して、溜った毒ガスを抜いてあげて下さい。

また、自身がリラックス出来る場所や、趣味、音楽等の時間を必ず持ちましょう。

毎日、心と体のケアを忘れずに、素敵な毎日を楽しんで下さい。

先日の、感謝の言葉や気持ちを文章に書き出す事も、方法の一つです。

素敵な毎日を有難う御座います。