Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

HCS-FC

心からのサービスをあなたへ

Blog

自尊心と自我

Posted on July 8, 2015 at 7:43 PM Comments comments (2)
今日は、午前中体のメンテナンス、午後から作業、夕方から事務作業です。

今日から2,3日雨ですが、雨の日用の仕事をします。


今日のタイトルは、『自尊心と自我』です。

自尊心とは、自分を尊ぶ心です。自分に対しての尊重、敬愛、尊敬の意味合いが強いです。
因みに自尊心が高い事と、偉そうにしている事は同じではない。
偉そうにする人は、傲慢で、虚栄心が強いだけで、どちらかと言うと、自尊心が低い。

そして、自我は、自分が思う自分だそう。

因みに、自己は、他人が思う自分(人格)だそう。

奥が深い心理学の用語ですので、自分が思う、解釈とのズレは多少ご了承くださいね。

私の自分事を書いていて、私の自分事は、私の自我に基づいて書いている。

自分事にしているのも、何事も他人事になるなと言う意味合いもあるが、自己完結している
ので、他人の意見と、自分の意見が全く同じであるはずが無いと、思っているからだ。

その中で、共通項を見つけられたら、良いなと日々思いながら書いている。

今日のタイトルの趣旨は、自我が、少しでも自尊心を高める様に働きかけると良いなと思い
書いている。

私が常々思う事は、自我が何時も、自尊心を高める働きをしているとは、限らないし、反対に
自尊心を下げている事もよくある、と思っている。

自分が納得しているのだから、それで良いじゃないか、と言われそうですが、あなたが実際に
求めている事や、自分の在りかたに、ズレを生み出し、目的に近づいていない様に感じる事の
原因になっているのも、自我と自尊心の理解の無さであったりします。

端的に言えば、自我を満たす事が、自尊心を高める事とイコールではない、と言う事。

都合よく解釈される方は、それで良いじゃないかと言われますが、果たしてそうでしょうか?

自我が他人と共有されて初めて、思い通りの事が叶えられる。

共有されない自我は、反発を生み、思いは空回りする。

そして、自尊心を下げてしまう事がよくある。

自尊心を下げてしまう原因は、よくある2つ。

①単純に他人と共有出来ていない事による不調和

②信念の欠如による自己否定。

①と②は両方ともがそろって初めて、自然に機能する。

どちらかが欠けても、報われ難く、しんどい、もしくは、苦しい経験をする。

後で気付きはするが、人生は短い。

身動きも取れない、死ぬ寸前に感じても遅いと思う。

今すぐにでも気付いて動く事が大切だ。

私は、予てから、WIN-WINを研究しているが、やはり、自尊心や自我にも当てはまる。

自分が好きな事だけしていても自尊心は高まらない、自分が嫌な事だけしていても、自尊心
は高まらない。反対も然り。

一番良いのは、やりたい事在りたい自分、これを目指し続けて、その為に存在する壁に立ち
向かう、その為の困難を楽しむ姿勢は、welcome!!

自信、自尊心が高まる生き方は、毎日を充実させてくれる。

あなたの生き方はどうですか?

自我が、自尊心を高める生き方に繋がっていますか?

やりたい事が見つからないと言う方は、先ずなりたい自分をイメージして見てくださいね。

テーマがテーマだけに尽きませんが、今日はこの辺で。

良い一日を。

いつも有難う御座います。

PS

この記事の内容は、一昨日のものをUPしました。