Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

HCS-FC

心からのサービスをあなたへ

Blog

改革と改善

Posted on October 21, 2015 at 8:06 PM Comments comments (2)
今日は、午前、午後、それぞれお客様の許へ。

少し季節も秋めいてきましたね。

本当に、いつも幸せな毎日を送らせて頂き、有難う御座います。


今日のタイトルは、『改革と改善』です。

上の二つは、よく勘違いされる方が多いので、今日は少し綴りたいと思う。

改革は、過去との因果関係を断ち、新しくする事で、全く違うものを作り上げる。

改善は、過去から積み上げてきたものをベースにして、不都合が出て来たり、時代に
そぐわない事が出て来た時に、その部分、もしくは、その全てを変える事。

改革と改善の違いは、過去を基にしているかどうか、と言うところが、一番大きい。

そして人類は、過去の歴史から色々な反省の元に、それらを踏まえて発展して来た。

人類は、過ちを繰り返してきた歴史がある。

だから、その歴史から学び、改善を図る必要性がある。

ここが、歴史を学ぶ最大の利点だと思う。

歴史を学ぶという事は、人類の叡智を学ぶという事だ。

そして、その歴史から、新しいものを産みだす。

人間の寿命は長くても100年位なので、歴史から学ばないと、また次の世代で、同じ
過ち(誤り)を繰り返す。

これは、人類の歴史が、改善で進んでいるのではなく、改革で進んでいる事でもある。

改善のみで進んでいけば、過ちは繰り返さぬはずである。

改革は過去を否定しながら行うネガティブなもの、改善は過去を肯定しながら行うポジ
ティブなものでもある。

また、世代間に改善を引き継ぐ制度(歴史から改善を試みる制度)も脆弱になり、踏襲
しないのも原因であろう。

歴史の過ちを叩き込み、踏襲し改善し続ける事は、人類全ての人々の義務ではないか
と思うし、学び続ける事が、その義務を果たす、唯一の方法だと思う。

人類の歴史は、人生そのものである。

何から学ぶ事が、人間にとって大切なのか?

あなたならどう考えますか?

その考えそのものが、歴史に裏打ちされた叡智を踏襲しているものですか?

是非教えてください。

いつもありがとうございます。

PS

この改革と改善とよく似た事で、チャンスと戦略との違いがありますが、チャンスを求める
人は、手段をコロコロ変え、戦略を考える人は、手段ではなく、やり方、方法を改善する。

成功している経営者は、戦略型の人が殆どだそうなので、ここでも改善の有用性が証明
されていますよね。

それではまた。