Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

HCS-FC

心からのサービスをあなたへ

Blog

自己正当化の弊害

Posted on July 25, 2016 at 5:00 PM Comments comments (96)
今日は、朝からお客様の許へ、そして、お昼過ぎ
からまた、別のお客様の許へ。
そして、その後、明日以降の仕事の準備の為に、
ホームセンターへ。

バタつきながら、過ごす毎日です。

他の頼まれ仕事をやれて無い事に『焦り』

しかし、感謝しながらの毎日です。
有り難うございます。


今日のタイトルは『自己正当化の弊害』です。

私達は、常日頃の生活の中で、無意識的に行動を
おこして居ます。

何気ない行動、又は、言動は、自身の思想を反映
している。

無意識的な言動から、その人物の人格が滲みだし
人間性も解る。

日々の生活、家庭内、仕事場、一人の時、遊んで
居る時、その時、その時で、その人物像が浮かび
あがる。

私は、自分の過去を振り返り、思う事がある。
なんて、自分勝手でわがままで、他人に無関心で
自分を正当化して生きて来たのかと。

今思うと、人格的にとても卑しい、卑怯な、馬鹿
な、憎たらしい、忌々しい、汚い人間性を持った
人間であっただろうか? と強く思う。

私は、そう言う自分を正当化して来た。

だから、自己正当化をしている間は、自分の人格
が変わる事は一切なかった。

勿論、何をやっても、上手く行くはずも無い。
自分の中では、とてもがんばりましたが。
しかし、上手くいかない。
何故上手くいかないのかも解らなかった。

今は、手に取る様に理解出来ます。

今の私は、人格形成を中心に置いた生活をしてい
ます。

自身の思想、人格、人間性を省みて、修正して、
また気づいたら修正です。
終わりは有りません。

日々、卑しい、卑怯な、無関心な、汚い、利己的
な自分と向き合い生きて居ます。

だれだって、自分が可愛いし、馬鹿にされたり、
のけ者にされたり、軽蔑されたり、自尊心を傷つ
けられたり、嫌に決まっている。

私は、だからこそ、自分が一番誰よりも、自分を
厳しい目で見る必用があると思う。

他人よりも厳しい目を持てば、とやかく言われは
しないし、言われたとしても、自尊心は一切傷く
事はない。

私は、自己正当化をやめました。

と言っても、信念は持っている。
自己正当化の代わりに、普遍的根拠に基づいた、
信念を持っている。

決して、自己の『私心』から出た信念ではない。

自己正当化は、『私心』を正当化するものである
からいけないのだ。

自己正当化『私心の正当化』自体、自身の成長を
妨げ、学びの思想を破壊し、人格形成を妨げる、
極めて不利益な行為だ。

だからこそ、自己正当化は良くないのだ。

また、自己正当化は、自尊心を結局は傷つける、
自分自身に対する裏切り行為でしかない。

普遍的真理に基づいた正当化は良いだろう。
しかし、普遍的真理に基づいた言動をする人が、
自己正当化するだろうか?

しませんよね。

大切な事は真理と繋がる事、普遍的なものに自身
を添わす事です。

自身の存在自体を真理に添わす生き方を追求する
事に、私は大きな悦びを感じます。

今日は、私の『私心』を綴りました。

しかし、この私心を聞いて、一人でも多くの方々
が、より素晴らしい人生を生きて欲しいと願って
居ます。

自分自身、卑しい、卑怯な、汚い、利己的な所も
知っているからこそ、綴りました。

私は、信頼を追求する事を真理だと思って生きて
居ます。

嘘をついてはいけないと言いますが、嘘をついた
事実そのものよりも、その嘘をついたり、隠した
りする、卑しい心、人間性、人格と向き合う事が
大切です。

絶対に正当化せず、生活の中で日々精進して見て
ください。

有り難うございます。