Shopping Cart
Your Cart is Empty
Quantity:
Subtotal
Taxes
Shipping
Total
There was an error with PayPalClick here to try again
CelebrateThank you for your business!You should be receiving an order confirmation from Paypal shortly.Exit Shopping Cart

HCS-FC

心からのサービスをあなたへ

Blog

自然と人間

Posted on October 9, 2016 at 11:13 AM Comments comments (0)
今日は、久しぶりにゆっくりとした一日を過ごしました。
本当に久しぶりです。

記事を書くのも、数か月ぶりになります。(最近はデータ投稿ばかりだったので)

私が最近、特に強く感じる事を、今日は綴りたいと思う。


今日のタイトルは、『自然と人間』です。

最近、私が強く強く感じる事があります。

それは、人間が自然からどんどん離れて行っている様な感があります。

実際に離れた暮らしをしていると言うわけではなく、意識の上で、離れている様に感じる。

都会は特に顕著で、人間の万能感を強く持っている人が、特に多くなっている様に感じる。

私達は、宇宙、地球、国土、水、空気、食物、太陽、様々な環境(自然)の中で、条件が整った事
により、また、環境(自然)適応能力を身に付けた事により、生きている。(生かされている)

そんな絶妙な環境の中で生きている私達人間が、万能感に浸り、危機意識が薄れ、傲慢になり、
自然との調和を忘れる事で、どの様な事が考えられるのか?

私は単純に思う、自然からの報いを受けるだろうと。

これは、良くも悪くもである。
必ず、報いを受ける。

もし、今、自分が報いを受けていないなら、報いを先延ばしにしているか、自分自身以外の誰か、
もしくは、何か(環境、自然)に転嫁しているに過ぎない。

その事を、踏まえて、心得て生きている人間がどれ程いるのか?

私達は、傲慢であってはならない。

傲慢さは、自然の前では何も意味をなさない。

もし、自然に傲慢な態度で挑もうなら、自然に飲み込まれるだけだ。(自然に帰る=死)

私達が学ばなければいけない事は、自然と共に、どの様に調和するか、自然を畏れ、その畏れ
をどの様に生活の中に受け入れて、生きるか? だと思う。

過去に、先人達が培って来た叡智を、私達が潰してはならない。

どんなに、化学が進歩しようと、医学が発達しようと、文明が発達しようが、経済が高度化しようが
この(自然との調和)だけは、人類が避けては通れない宿命の様なものだ。

本当の危機は、戦争でも、貧困でも、経済の破綻でも、難民問題でもなく、人間が自然から離れ、
傲慢になり、自然との調和を忘れる事だ。

1、自然 2、自然と人間の調和 人間も自然の一部と考えると解かり易い。

本当に大切な事を大切に出来る社会は、何時になれば出来るのか?

私は、その為の取り組みの、先ず基盤を作りたいと思う。

『自然中心の』、思考、環境作り、生き方、仕事、経済活動、人間関係、あくまでも自然が主役の
社会作りを、続けて行きたい。

人間は、自然の中で、ちっぽけな存在だけれど、環境を自ら作る事が出来るのも人間だけだ。

人類の課題は、自然から離れた所に居ては、見えない。

自然と向き合えば向き合うほど見えて来る。

目先の問題に振り回されない様に、しっかりと『自然を見据え』向き合って欲しいと思う。

多くの人に、自然と向き合う時間、自然を考える思考、生活スタイルを確立して欲しいと強く思い
綴りました。

私のブログは、多くの人に見て頂いて、何かしら実行に移して頂きたいと思って綴っている。

自分の為、と言うより、多くの人々が と言う気持ちの方が、遥かに大きい。

あなたの人生が、素晴らしいものになります様に。


自然と調和すると、ノンストレスになりますので、病気になるリスクも、今より格段に下がるんじゃ
ないでしょうか?

毎日、自然と向き合う時間を作りたい方、ご連絡ください。
簡単な方法お教えします。

それではまた。

有難うございます。